CR-Zのオールペン(赤色褪の同色塗装とルーフブラック塗装)

ブログ
ホンダのCR-Zのオールペンを行いました。 元は純正の赤色でしたが、色褪せの為にピンク色になり、表面もボロボロになっています。
ボンネットやルーフなど特にボディ上面が酷く色褪せしています。 バンパーなどの樹脂部品に関しては表面が劣化しております。 というわけで外装を同色でオールペンするのですが、「せっかく塗るなら・・・」ということで、ルーフバックドアドアミラーをブラックに塗装して、下の写真のようなCR-Zの後期型にオプション設定であるツートン仕様にすることになりました。
作業内容的には、外装のみの塗装なのでバリュープランで、前後のバンパーを外しての作業となりました。
  • バリュープラン(ツートン塗装)
  • 塗装表面荒れの下処理
  • 前後バンパー外し
オールペンについてはコチラをご覧ください

実際の作業

ツートンでの塗装となるので、まずは上部のブラック部分を先に塗装します。 塗装した部分をしっかり乾かしてから、赤色の塗装をします。 文と写真で紹介するのは簡単ですが、実際に塗装するまでには下処理も必要になりますし、塗料を乾燥させるのにも最低でも1~2日間は掛ります。 ブラック部分が乾燥したらレッドカラーの塗装となります。 回数を重ねて色を乗せてツヤが出るように塗装をします。 塗装が完了したら再度、乾燥工程を経て、部品組み付けて完成となります。 色褪せが無くなりツヤが出たことはもちろん、ブラックツートンにする事で引き締まった印象になりました。 参考価格:25万円 ※オールペンについてはコチラをご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました